女性のバストに対する悩みを解消する豊胸術とは

  • 大流行中のまつげエクステ

    • 近年、若い女性を中心にまつげエクステが大流行しています。

      もう、まつげエクステなしでは生きていけない、という人もいるようです。
      それほどエクステには魅力があります。


      もう、何年もマスカラは買っていない、という女性も増えています。エクステをしているとすっぴんでもある程度お化粧しているように見えます。ですから、ちょっと近所のコンビニまで、というときや急な来客の際にもすっぴんで出かけられたり対応できます。



      毎日お化粧するのは面倒と感じる女性も多いので、まつげエクステをつけているとファンデーションと眉毛とリップを塗ったら完成するのでとてもお手軽で時間も短縮できます。

      子育てや仕事、学校などに忙しく、朝ゆっくりお化粧をしている暇がないという人には強い味方です。



      また、不自然でなくてとても自然なので、違和感が無いのもいいところです。



      目がかゆくなったりもしません。



      付けているのを忘れてしまうぐらいです。
      デザインも豊富で、毛の本数も仕上がりに合わせて選べるので今回はお人形さんのようにクルンとカールしたぱっちりお目目にしようか、とか目尻が長めのクールアイにしてみようか、など、そのときどきの気分に合わすことができます。


      年配の女性なら、目立ちすぎないように、少し短めの毛を目尻のみに数十本だけ付けるのがおすすめです。
      歳を重ねると、まぶたが重くのってくるのでまつげエクステで少し目元にポイントを置くと目元がはっきりします。



      まつげエクステは、自分のまつげに直接つけるため、もともとの自分のまつげによってどんなまつげエクステをつけるかが決まっていきます。

      皮膚に生やすわけではないので、限界もあると言うことは頭に入れておかなければなりません。



      例えば、もともとのまつげが痛んでいる場合などには、まつげエクステをすることができない場合もあるのです。

      また、まつげエクステをする際には、バランスを考えることが何よりも大切です。
      目を強調したいからととにかく長く、とにかく太く、と希望する方もいるのですが、それではバランスがおかしくなってしまいますし、エクステ自体の寿命も縮めてしまっています。
      おすすめは、自分のまつげより一ミリから二ミリ程度長く、太さはもともとのまつげと同じくらいの太さであることです。

      カールもきつすぎず、自分の顔に合ったものを選ぶと、ノーメイクの時でも自然で美しく見えるのです。
      エクステが多すぎるとまつげが重くなってしまい、下がってきて目にかかってしまいせっかくの効果がなくなってしまいますし、あまりにもまつげを強調しすぎて逆に目が小さくみえてしまうこともあるので、カウンセリングを受けつつベストなエクステを選ぶのがおすすめです。



      また、あまりまつげが多くない方にはラッシュタイプと言う毛先が二又や三又になっているものもあるので、そちらを使うと、無理せずボリュームアップができたり、華やかさをプラスできるのでおすすめです。



  • 関連リンク

    • もっとサイズを大きくしたい、形を良くしたいなど、自分のバストを理想のものに近づける為に、何らかの取り組みをしている女性は多いものです。セルフケアの代表的方法であるバストアップエクササイズはもちろん、近年では成分の研究が進んだことで、手軽に取り組めるバストアップサプリも充実していますが、やはりそれらの方法は効果の個人差が大きいという問題があります。...

    • 豊胸手術はすぐにでも大きなバストが手にはいるメリットがありますが、手術の方法によってはデメリットもあります。比較的楽に利用できるのが注入法による手術ですが、自分の脂肪やヒアルロン酸を注入してバストアップを図りますので、術後の負担が軽く済むメリットがあります。...