女性のバストに対する悩みを解消する豊胸術とは

  • 脂肪注入法による豊胸手術のメリット

    • 豊胸手術では目的に応じて選択が必要ですが、大幅に大きくしたい場合にはバッグ挿入法を選択することになります。バッグの大きさにより自由にサイズを決めることができるため、特に大きなバストを目指す場合には最適な方法となります。しかし時間の経過と共に型崩れや破れてしまうこともありますし、バッグには寿命がありますので手術後に悩みを持つ人も多いと言えます。

      現在では切らないプチ整形が注目されていますが、豊胸手術にも切らずにできる方法があります。

      脂肪注入法が切らない豊胸術となりますが、注入するだけですから手術後もそのまま帰宅できる手軽さに魅力があります。バッグ挿入法に悩みを持つ人も、バッグを取り出した後すぐに注入することが可能ですから、悩みの解消にも使用することが可能です。
      一般に脂肪注入法では2カップ程度までが限界となりますが、個人差によって変わる部分となります。
      注入した脂肪は一定量は吸収されますので、注入した量のうちどれだけ定着できるかが効果の差となってきます。
      バストはそのほとんどが脂肪となりますので、脂肪を注入する方法は安全性の高い方法と言えます。
      脂肪注入法ではすぐに元に戻ってしまう場合がありますが、脂肪の注入量が少ないと元に戻りやすくなりますので、注入量がポイントになってくるといえます。
      たくさんの美容クリニックがありますが、脂肪注入を行う際には知識や技術力の豊富なクリニックを選ぶことが大切です。

      ダイエットでは体全体に効果を発揮することはできますが、部分痩せとなると理想の体型を手に入れるのが難しい現状があります。


      部分痩せは集中的に痩せたい部分をケアする必要がありますので、素人の力だけでは実現が難しいと言えます。
      また全身に対して行うダイエットでは、バストサイズまで小さくなってしまう場合があります。

      バストのほとんどは脂肪ですからダイエットにより胸の脂肪も無くなってしまうケースが多くなります。


      部分的に痩せたい望みと胸を大きくしたい望みがある場合には、脂肪注入法による豊胸手術が最適です。

      脂肪注入法は自分の体から取った脂肪を注入する方法ですから、部分的に痩せたい場所から脂肪を取り除けば、バストアップと部分痩せが同時にできるメリットがあります。

      脂肪はふくらはぎや太もも、腹部や腕など部分痩せを望む人が多い場所から取ることが可能ですから、効率よく二つの目的を果たすことが可能です。

      脂肪を取り除く手術には脂肪吸引がありますが、吸引した脂肪は無駄になりますので、豊胸手術に活用すれば効率よく美しいバストを実現できます。

      脂肪注入法は美容クリニックで受けることが可能ですが、費用は高額となりますので効果の高さに比例して負担は大きくなります。


      クリニックごとに料金設定は異なりますが、僅かに大きくする程度であればプチ豊胸と呼ばれる低価格のコースを選べるクリニックもあります。
      脂肪注入法には費用は掛かりますが効率よくバストアップと部分痩せが実現できます。

















  • 関連リンク

    • もっとサイズを大きくしたい、形を良くしたいなど、自分のバストを理想のものに近づける為に、何らかの取り組みをしている女性は多いものです。セルフケアの代表的方法であるバストアップエクササイズはもちろん、近年では成分の研究が進んだことで、手軽に取り組めるバストアップサプリも充実していますが、やはりそれらの方法は効果の個人差が大きいという問題があります。...

    • 豊胸手術はすぐにでも大きなバストが手にはいるメリットがありますが、手術の方法によってはデメリットもあります。比較的楽に利用できるのが注入法による手術ですが、自分の脂肪やヒアルロン酸を注入してバストアップを図りますので、術後の負担が軽く済むメリットがあります。...