女性のバストに対する悩みを解消する豊胸術とは

  • 豊胸ヒアルロン酸注入法のメリット

    • 最近では、いろいろな方法でバストアップができます。


      シリコンパットを入れる方法から自分の脂肪を注入する方法までたくさんの種類があります。


      今までは、シリコンパットを入れる方法や脂肪を注入する方法が主流でしたが、特に、最近では変わりつつあります。



      どのような方法に変わったかといいますとプチ豊胸といわれるヒアルロン酸を注入する方法です。


      若い女性は、体にメスを入れるのを嫌がります。
      この方法ですと体にメスを入れずに、豊胸できるので、人気があります。
      このヒアルロン酸を注入する方法は、たくさんのメリットがあります。
      まず、メスをいれませんので、体に負担がなく、翌日から仕事にいけます。
      手術でシリコンパットをいれますとやはり、最初は体が拒否反応をおこしますので、はじめは筋肉痛のような痛みがありますが、ヒアルロン酸はまったく痛みがありません。



      また、ヒアルロン酸は体に無害であり、人体にとてもやさしいので、気軽にヒアルロン酸を注入することができます。また、20分から30分ぐらいで、豊胸できるという手軽さがあります。昔は、ヒアルロン酸の効果は6か月から1年ぐらいといわれていました。



      しかし、最近では持続期間が大幅に改善され数年持つようになりました。



      また、生理食塩水のパットですと破けたりする危険性もありますが、この方法ですとそういう心配はなくもっとも安全な方法であります。



      ただ1つだけ、欠点をいいますと、大幅なバストアップができないことです。



      豊胸手術は即効性を持つバストアップですが、手術ですから術後の回復までにかかる期間が気になります。


      豊胸手術にも色々な方法がありますが、回復までにかかるダウンタイムもそれぞれに異なります。
      切開が必要なバック挿入術はダウンタイムも長くなりますが、脂肪注入法では体にかかる負担を軽くすることが可能です。



      脂肪注入は自分の脂肪をバストに注入しますので、拒否反応がほとんど無く安全にできる豊胸手術となりますが、もちろんダウンタイムはありますので術後の指示事項は正しく守る必要があります。


      脂肪注入によるダウンタイムは、脂肪を吸引した箇所と注入したバストでそれぞれに起こりますが、吸引箇所については2週間程度腫れや痛み、内出血が続きます。



      バストに関しては3種間程度腫れや内出血が続きますが、経過と共に徐々に回復していきます。
      吸引した脂肪の量や注入量によっても変わりますし、個人差もありますので多少の前後はあると言えますが、比較的ダウンタイムが軽いのが特徴となります。
      脂肪注入では一定量は体内に吸収されてしまうため、注入量が少ないとすぐに元に戻ってしまうのが特徴です。
      そのため持続期間も短いのが基本となりますが、定着に関しては個人差があるためそれぞれに異なります。
      ダウンタイムが短い脂肪注入ですが、持続期間と料金に関して比較が必要です。

      永久的なバストアップは期待できませんし、吸収される段階でしこりやでこぼこが起こる可能性もあります。

  • 関連リンク

    • もっとサイズを大きくしたい、形を良くしたいなど、自分のバストを理想のものに近づける為に、何らかの取り組みをしている女性は多いものです。セルフケアの代表的方法であるバストアップエクササイズはもちろん、近年では成分の研究が進んだことで、手軽に取り組めるバストアップサプリも充実していますが、やはりそれらの方法は効果の個人差が大きいという問題があります。...

    • 豊胸手術はすぐにでも大きなバストが手にはいるメリットがありますが、手術の方法によってはデメリットもあります。比較的楽に利用できるのが注入法による手術ですが、自分の脂肪やヒアルロン酸を注入してバストアップを図りますので、術後の負担が軽く済むメリットがあります。...